株式会社日本ハウス神戸

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
高齢者向け住宅・介護施設
Housing / nursing facilities for the elderly
  • かつてないスピードで高齢化が進む今、高齢者および障がい者の方々が、
    生活支援や介護サービスを受け、快適に暮らせる「サービス付き高齢者向け住宅」等の経営は、
    今後の社会への貢献だけでなく需要増が見込める土地活用の新メニューです。
高齢者住宅
高齢者のいる世帯は、この25年間で約2倍に増えていますが、その内訳を見ると、高齢単身世帯は4倍、高齢夫婦世帯は3.5倍に増加しています。ひとりぐらしのお年寄りやご夫婦が、適切な生活支援や介護サービスを受けながら快適にくらせる賃貸住宅の需要は、今後ますます高まることが予想されます。
また、長期的に安定した収益が期待できる「安心と安定」かつ社会貢献性の高い事業。高齢者向け住宅こそ、現代の賢い土地活用術と言えるでしょう。
アパート・マンション経営と比較して空室リスクが比較的少ない
高齢者用住宅、賃貸住宅・マンション事業ともに、居住用賃貸のため、長期的な安定収入が見込め、税務対策にも有効です。しかしながら、賃貸住宅・マンション経営は近年競争が激化し、空室のリスクが高まっています。一方で、高齢者住宅は、今後シニアの需要が高まる点から、有望な市場といえるでしょう。

また、アパート・マンションを建築した場合と同様、固定資産税や相続税、さらに所得税に至るまで、さまざまな優遇措置が受けられます。
オフィスビル・商業ビル経営と比べて景気の影響が少なく、立地を選ばない
オフィス・商業ビルでの活用は、高い収益を生むことが可能な反面、景気の影響により、収益にもブレが発生する可能性があります。また、都心や繁華街などが適地となる立地条件が限定的な事業でもあります。その点、高齢者用住宅は、立地の限定的な影響を受けることが少なく、比較的どのような立地にも対応しやすいといえます。
介護施設
介護事業への土地活用は、高齢者専用賃貸住宅や有料老人ホームなどに代表される入居施設だけではありません。在宅による介護を中心としたサービスでは、施設に通うデイサービス/デイケア、短期入所のショートステイや地域密着型サービスの小規模多機能施設、認知症グループホームなどがあります。
土地・建物オーナー様には有力な介護事業者(テナント)をご紹介
「地域の高齢者に対する社会貢献」と「有力なテナントの長期一括借上げ」の事業に対する「安心」と「安定」した収入計画をご提案させていただきます。
※一部介護サービスの種類(認知症グループホームなど)によっては市区町村の公募形式によっての建設となる施設もあり、土地オーナー様が自由に建設して介護事業者に貸すことが出来ない場合もあります。あらかじめご了承願います。
施工実績
construction results